ハロゲンヒーターとカーボンヒーター 


ジャンル:電化製品

トップ ハロゲンとカーボン


調理中のキッチンや洗面所に暖房を置こうかと思っています。
ハロゲンヒーターとカーボンヒーターを考えていますが、
違いがあまりわかりません。


 

ハロゲンヒーターは石英ガラス菅の中にハロゲンガスを充満し、ヒーターの高温長寿命を維持し、ヒーター本体はタングステンと言う金属で出来ています。
カーボンヒーターも石英ガラス管の中に高温長寿命の炭素で出来たヒーターが入っています。材質は若干異なるが、その差は殆どありません、発熱体はハロゲンヒーターの方が若干高温で小型に出来ています。
同じ、電力使用量=同じ電気代であれば、暖かさは同じです。寧ろ、首振り、タイマーの有無、形状、使い勝手などと店頭でも通電している場合もあり、必要な温かさなどを考慮し、必要ワット(W)を選択するのが賢明と思います。

ハロゲンヒーターは、赤外線電球のハロゲンランプを熱源とする電気ストーブで、
反射鏡によって効率的に熱を反射し、急速加熱できるのが大きな特徴です。
カーボンヒーターは、遠赤外線効果がハロゲンランプよりも高い炭素系発熱体(カーボン)
を採用しています。急速加速ができ、「体の芯まで暖まって冷めにくい効果」があります。

遠赤外線は分子を振動させる働きがあり、体の内部から温めてくれる(真冬でも日向では体が
ポカポカするのと同じ原理)のに対し、
ハロゲンヒーターは空気による熱伝導にとどまる事が両者の大きな違いです。

よって、多少の価格差を問題としないなら、カーボンヒーターの方がいいのではなでしょうか。

電気代はカタログ等を比較されると良いと思いますが、ランニングコストに左程差は無いようです。

我が家には、普通の電気ストーブとカーボンヒーターがあります。同じワット数ですが、明らかに違います。たとえるなら、冬の車内で暖房をがんがんにいれても、窓の外から冷え冷えしてきませんか。エアコンも室内温度が25度なのにまさに冷え冷えしています。電気ストーブはたしかに熱いのですが、なぜか体は寒いです。しかし、カーボンの遠赤外線は、なぜか、寒く感じないんです。やはり体内からぽかぽかするとはこのことです。多分室温はあがってないでしょう。しかし、寒くないんです。不思議です。最近は無段階方式の電気調節があるのでそれが便利でしょう。とにかく遠赤外線は体が温かいです。別に宣伝ではないですよ

 




 

PCや生活に便利な情報:他の話題


01 |02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21  

22
| 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42